兵庫県西宮市 浜田歯科クリニック |審美歯科のホワイトニング-矯正・一般歯科・小児歯科

telmail


お知らせメールサービスについて

院長コラム

院長コラム

金属アレルギー

金属アレルギーといえば、時計やアクセサリーなどで皮膚にかゆみや湿疹を引き起こす症状が思い起こされますが、最近、治りの悪い皮膚や粘膜の病気の原因として、歯科治療で使用される金属に対するアレルギーが注目されています。
直接金属のあたる部分がかぶれるだけでなく、手足や全身にまで影響が及ぶ事があるのです。
突然の原因不明の皮膚病として悩まれるのですが、まさかお口の中の金属が原因とは思いもよりません。
口腔内の金属アレルギーは、金属を使用してから数十年を経て突然発症することも多く、すぐに症状が現れるとは限りません。
金属そのものは生体に対してアレルギー性を示しませんが、溶け出してプラスイオンとなり体の蛋白質と結合することによって、それを異物とみなした体が過剰反応を起こすのです。
原理は花粉症やアトピーと同じで、決して特殊なものではありません。
そのため、今現在、金属アレルギー反応のない方でも、お口の中の金属によって、アレルギーになってしまうおそれがあります。言いかえると、お口の中に金属が存在し続ける以上、金属アレルギーになる危険性に常にさらされていることになるのです。

当医院では、金属アレルギーの原因になる心配のない素材を用いた治療を行っております。
現在金属アレルギーでお悩みの方、金属アレルギーを予防されたい方は、どうぞお気軽に、ご相談ください。
かつて虫歯治療の後の詰め物などに、ごく一般的に使用されていた歯科素材、アマルガム。実は、成分の約50パーセントが水銀という、非常に危険な物質です。
現在ではアマルガムは、ほとんど使用されませんが、健康保険適応の材料のため、まれに使用される場合もあるようです。当医院では、人体への配慮から、水銀アマルガムは一切使用しておりません。
また、過去の治療におけるアマルガムが、お口に存在する場合には、取り除き、体にやさしい材料と取り替えることをお勧めしています。
 
歯科金属のアレルギーについて
手のひらと足の裏を中心に水疱状の湿疹(しっしん)が繰り返し生じる掌蹠膿庖(じょうせきのうほう)症を引き起こすことがあります。水虫とまちがえて皮膚科を訪れる患者さんが多いのですが、掌蹠膿庖症は無菌性の膿庖が主症状ですので細菌が発見されず水虫ではないと診断されます。 そこで、原因不明の皮膚病として悩むわけですが、まさか口腔内の歯科金属が原因だとは思いも寄らない患者さんが多いようです。 歯科金属アレルギーは、口腔内に歯科金属を使用して数十年経ってから突然発症することも多く、すぐに症状が現れるとは限りません。 大切なのは、口腔内の健康がいかに全身の健康に影響を及ぼしているのかをしっかり理解することです。
それは、歯科金属アレルギーに限ることではなく虫歯、歯槽膿漏(のうろう)歯並び、噛(か)み合せなどあらゆる口腔内の病状に当てはまる事です。