兵庫県西宮市 浜田歯科クリニック |審美歯科のホワイトニング-矯正・一般歯科・小児歯科

telmail


お知らせメールサービスについて

院長コラム

矯正歯科

何を目的に矯正治療をお考えですか?
当院では審美的なゴールだけを求める矯正治療ではなく、一生を通じて食べる喜び、自信のある笑顔を持ち続けていただくためのお手伝いが出来たらと考えています。
そのために矯正歯科医の目線だけでなく、一般歯科医、衛生士の目線をも通して、患者さまのお口のトータルバランスの中での矯正治療をすすめていきます。

矯正治療とは?

乱れた歯並び(出っ歯、受け口、乱杭歯)は、見た目は勿論のこと、健康を維持する上で多くの障害をもたらします。 歯ブラシがとどきにくい為に虫歯や歯肉炎の原因となったり、正しい発音が出来ない、肩こりや視力の低下などの原因にもなります。 また成長期の子供の場合では、悪い歯並びはからだ全体の成長や発育にも影響をおよぼします。 このような悪い歯並びを矯正装置を使って機能的、審美的に満足な噛み合わせに治療することが矯正治療です。 時間をかけて歯を少しずつ動かすことにより、緊密な噛み合わせをつくるもので、差し歯や入れ歯による治療とは異なります。

矯正治療に年齢的な問題はあるのでしょうか?

矯正治療は、子供がするものとお考えになっていませんか?
けっしてそうではありません。
矯正治療はニーズに応じて、あらゆる年齢層の方に受けていただける治療です。
成長期の子供には、あごの成長を正しく導きながら、よいかみあわせを、成人の方には、全体の矯正以外にも 部分的な矯正や、よりよい状態で詰め物をいれていくための準備のための矯正など、最適な治療計画をたてて すすめます。
治療のすすめ方
初診相談(約30~60分)
無料 「初診相談=治療開始」ではありません。
歯並びで気になることがあれば、お気軽に初診相談をお受けください。

歯並びに対するお悩みをうかがいます。その上で概ねの現況とそれに対する治療方法及び費用について説明をいたします。十分に時間をかけてお話を伺わせていただきたい為に、出来るだけ御予約の上に御来院下さい。
検査(約60分)
実際に当院での矯正治療をのぞまれた場合、レントゲン写真撮影、歯や顔の写真撮影、歯の模型の型取りなど治療方針を決めるための精密検査をいたします。 また当院では矯正治療のための検査だけでなく、一般歯科医、衛生士による虫歯と歯周病の検査も同時に行い矯正治療の前に必要な歯科治療はないかのチェックを行います。
診断(約30~60分)
検査の結果にもとづいて治療方針の説明をいたします。当日は患者様のご要望を十分重ねあわせた上で実際の方針と使用する装置の種類を決定していきます。矯正治療にかかる期間、料金についても説明をいたします。
矯正料金のお支払い方法につきましては分割払い等ご相談に応じますのでご相談ください。
矯正治療
通常は1カ月に1~2回の来院ペースで治療をすすめていきます。治療中は特に十分なブラッシング指導を受けていただきながらすすめていきます。 治療段階についての説明や、患者様の疑問にお答えするなどコミュニケーションを取りながらの治療を心がけています。
保定
移動した歯が顎骨で安定するまで保定装置を使用していただきます。 通常は取り外しのできるタイプのものです。
メインテナンス
不良な補綴物や歯の変色がある場合は補綴処置やホワイトニングによってそれらの改善を行います。
その後も噛み合わせの確認や虫歯や歯周病の状態を定期的にチェックしていきます。
矯正装置の種類
矯正治療をおこなう際、矯正器具が目立つのではないかとご心配かもしれません。最近では歯の色に近い  審美ブラケットやワイヤー、またワイヤーを使用しない取り外し可能な装置もあります。  従来とは比べられないほど目立たずに矯正治療を受けていただくことができます。
メタルブラケット
従来の金属製ブラケット

プラスチック ブラケット
白いプラスチック製審美ブラケット

インスパイア ブラケット
人工サファイヤ製審美ブラケット

セルフライゲーション ブラケット

 
デーモンブラケット、クリッピーブラケット
ワイヤーと装置を固定しない装置で来院回数の減少と痛みの軽減が望めます。

見えない矯正
インビザライン、クリアライナー

治療例
年齢24歳■ 症例1  乱杭歯の一例
矯正治療開始時
治療前
矯正治療終了時
治療後

成人になってから治療を開始した一例です。
治療後は、見た目はもちろん、歯みがきもやり易くなりました。
治療期間は2年6ヶ月です。
年齢11歳■ 症例2  受け口の一例 (上あごと下あごのかみ合わせが逆です)
矯正治療開始時
治療前
矯正治療終了時
治療後

このような小さなお子さんの受け口の場合は早い時期から成長に合わせての治療が必要です。
この患者さんの場合は、第1期治療(上あごと下あごの関係を改善する)、第2期治療(全体的に歯ならびを整える)とに分けて、治療をすすめました。
インビザライン